抜け毛予防ハンドブック

抜け毛を予防しよう!

どうやって予防する?

髪はたんぱく質を主とし、約20種類程度のアミノ酸で構成された、肌の角質層が変化したものです。つまり、肌と似たようなものであり、肌が潤いや栄養分を必要なように、髪もまた生成にひつような栄養が不足することで、健康な髪を作ることができず、私たちを悩ませる、抜け毛発生してしまうのです。

また、栄養分の不足で不具合が出るという点に関しては肌と同じなのですが、髪はもともと死んだ細胞からできているため、肌のように自己修復をすることができず、髪を傷つけてしまうと、健康な良い状態に戻らないというのが、大きな違いです。髪は、地肌の中にあり、髪の部分を生成している「毛根」と、地肌から見えていて、一般に私たちが髪と呼んでいる「毛幹」とがあります。

頭皮の毛細血管から、毛根の先端にある毛球という部分を通して、毛母細胞に必要となる栄養を送った際、毛母細胞が分裂を起こし、成長して髪となるわけです。したがって、髪のケアを行う際には、専門の薬剤等を使用することも必要なのですが、まず頭皮マッサージを行うことが重要なのです。

そして、この抜け毛には、気にする必要のない抜け毛と、危機感を抱くべき抜け毛があります。気にしなくて良い抜け毛というのは、髪の毛の先端がはさみなどで、カットされている場合や、抜けた毛の毛根の先端である毛球部が大きかったり、たっぷり残っており、マッチ棒の先のようになっている場合は心配する必要はありません。

では、なぜ抜け毛の原因は一体何なのかというと、当然ですが、人によっていろいろな理由があります。しかし、基本的には遺伝、運動不足、食事のバランス、ストレスなどが抜け毛を引き起こす要因の中心になってきます。遺伝は仕方がない部分がありますが、他の原因は努力次第で改善できます。普段から、こういったことに注意を払っておくことで抜け毛を予防することができるというわけです。

また、注意していても、それ以上の要因が発生したり、遺伝の関係などから抜け毛や薄毛が発生してしまった場合、発毛剤・育毛剤・養毛剤なども数多くの種類が売られていますので、これらに頼るのも1つの手でしょう。また、最近では髪や頭皮に負担がかからないアミノ酸系のシャンプーも売られていますので、普段から、これらを利用するなどしていくことで、今だけでなく、数年後の頭皮の環境をも良い状態に保っていけることでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.