抜け毛予防ハンドブック

脱毛症

産後脱毛症

産後脱毛症とは、出産後に起こる脱毛症で、抜け毛が一時的に増えるという状態をはじめとし、髪が薄くなる、痩せるなどの症状が見られる、女性の多くが体験する脱毛症です。原因としては、髪に必要な栄養が、妊娠中であるために、胎児が育っていくために奪われてしまうことはもちろん、ホルモンの問題もあります。

エストロゲンなどの女性ホルモンは、妊娠中、その中でも特に後期にはかなり増え、出産後にはまた元の量になるよう、減っていきます。

エストロゲンは髪の成長を促すため、普通ならば十分抜け落ちていても不思議のない髪が、そのまま成長し続け、産後には、これが減ることにより、伸び続けていた髪が急に抜けだし、薄毛になってしまうのです。急に抜け始めるため、不安を感じる人も多いのですが、この症状は、産後6カ月もすれば、ホルモンバランスも正常な状態に戻り、それに伴って脱毛も回復します。

しかし、個人差や、産後の育児等に関わるストレスなどを強く感じてしまうなどすると、回復が見られなかったり、ひどければ、円形脱毛症を併発する場合もあるため、注意が必要です。その際には、薬など手を加えて症状を治すというよりも、状況が状況であり、まだ完全に体力が戻ってないということも考えられるので、自然治癒を目指すことが望ましいでしょう。

ケアにあたって、最も手を伸ばしてはいけないのがステロイド剤です。ステロイド剤の力はかなり強力で、その力をもってして脱毛を抑制しますが、その後、さらにひどくなって元に戻ることが多いのです。もしくは、長期間使用することで、効き目が強過ぎ、発毛ができなくなるということも起こるのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.