抜け毛予防ハンドブック

脱毛症

男性型脱毛症

男性型脱毛症とは、最近いろいろなメディアでも名前をよく耳にする「AGA」と言われるもので、男性ホルモンと関係する脱毛です。思春期以降の男性に発生し、症状としては、頭頂部の髪が薄く細くなり、こめかみの上から抜けはじめ、生え際が後退することによって、俗にいうM字型の状態となります。現在、この男性型脱毛症の症状に悩む人は、全国で1,260万人にものぼると言われます。

男性型とは言うものの、数は少ないですが、女性にもこの症状が発生することはあり、その場合「女性男性型脱毛症」と呼ばれ、症状としては、男性の場合とは異なり、生え際部分はそのままで、前頭部・頭頂部を中心として頭全体の髪が薄くなっていきます。

このAGAは、環境的な要素や、遺伝的な要素が多いに関わってきます。詳細な原因はまだ解明されていませんが、現状では、男性が母親から受け継ぐX染色体にある男性ホルモン、アンドロゲンの働きが強まって、髪の毛が抜けやすくなると見られています。

つまり、母方の祖父が禿げているかどうかで、自身が将来禿げるかどうかということをある程度想像できるとされているわけです。また、男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロンもAGAの要因の1つとして考えられています。

ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、ヘアサイクルが乱れ、毛髪の成長期が終了してしまい、太く長い毛に成長する前に抜けてしまうのです。こうして、十分に成長しない細く短い髪の毛が多くなり、全体として見たときに、薄毛が目立ってきてしまうのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.