抜け毛予防ハンドブック

脱毛症

薬物脱毛症

薬物脱毛症とは、薬剤の投与で、髪が細くなったり、薄くなったりする症状です。この症状を引き起こす薬剤とは、よく知られるもので言えば、がん治療のため、特定の悪い細胞にきく抗がん剤や、C型肝炎治療のため、菌類の活性を妨げるインターフェロンなどで、特定のものに対して強く働くようにできている薬なわけですから、毒性が強く、どうしても、健康な細胞にも悪影響が及んでしまうのです。

そして、髪の毛母細胞は薬害の影響を受けやすい器官であるため、薬剤を長期間使用することで、毛根の活性が阻まれ、脱毛が起こってしまうというわけです。

また、その脱毛の起こり方の違いでも「成長期脱毛」と「休止期脱毛」の2つにわけることができ、主に抗がん剤が原因で起こるのが成長期脱毛で、薬の副作用によって、毛髪成長のために行われる細胞分裂が停止してしまうというものです。また、インターフェロン、ビタミンA、抗凝固剤、講師決勝治療薬などが原因で起こるのが休止期脱毛で、薬の副作用によって、手包を早く休止期にしてしまいます。いずれも薬剤投与の数日から数週間後から起こり始めます。

この脱毛症の対策はたいへん難しく、原因となる薬剤の使用を行いながら、発毛を促すのはたいへん困難なうえ、髪を完全に消失した状態のまま長い時間が経過してしまうと、毛根が本来の毛を生やすという機能を失ってしまい、髪を再生することができにくくなるといったことも起こり得ます。

また、脱毛症の回復は個人の体質や体力によって異なりますが、一般的に、ダメージを受けた細胞の修復が行われる場合、髪は優先度が低いため、治るのに時間がかかりがちになっています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.