抜け毛予防ハンドブック

抜け毛の原因

シャンプーとの関係

抜け毛予防で過ちを犯しがちなのが、シャンプーについてです。抜け毛を予防するためには、頭皮を清潔で、健康な状態に保っておく必要があります。そのためには、毎日のシャンプーでしっかりと毛穴の詰まりや、頭皮の汚れをしっかりと落とす必要があります。しかし、この際に使用するシャンプー選びこそが、健康な頭皮を保てるのか、はたまた、抜け毛の原因になってしまうのかの分かれ道でもあるのです。

シャンプーには、皮脂や整髪料などの汚れがしっかり付いてしまっている、髪や頭皮を洗い落とすものであるため、当然洗浄成分が配合されているわけですが、一般的な市販のシャンプーの場合、この洗浄成分は界面活性剤であるのが普通です。

この成分が問題で、界面活性剤とは、水と油どちらに対してもなじみやすい面を持っており、水で流せる汚れと、油で流せる汚れの両方を落とすことができます。そして、種類によってはこの界面活性剤の刺激が強すぎることで、抜け毛を増加させてしまうものもあります。

そして、こういった界面活性剤を使用しているシャンプーで、現在最も出回っているのが、高級アルコール系シャンプーです。この高級という言葉は、炭素数が多いことを表しており、炭素数が多いほど泡立ちが良く、汚れが落ちやすいシャンプーと言えます。しかし、この種のシャンプーは刺激が強く、タンパク質変性作用があるため、頭皮のにきびや炎症の原因となりがちです。

さらに、汚れだけならばいいのですが、洗浄効果が強すぎ、頭皮を守っている皮脂までも洗い流してしまうこともあります。そして、これによって、除去され過ぎた皮脂の穴埋めをするために、皮脂が頭皮から過剰に分泌され、酸化し、結局過酸化脂質となって毛穴の詰まりへとかわってしまうのです。その結果、栄養分がしっかりと髪に届かず、抜け毛を引き起こしてしまうのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.