抜け毛予防ハンドブック

抜け毛の原因

ストレス

体調不良と同じように、抜け毛にもストレスはやはり大きく関係します。人はストレスを感じると、免疫力の衰えや、新陳代謝の低下などが発生します。そして、それに付随して、たんぱく質の合成力が衰えるため、たんぱく質を必要とする発毛や、髪の成長に影響が出てくるというわけなのです。

もちろん、現代社会の中で生活していると、ストレスはつきものであり、避けて通ることはなかなか難しいでしょう。しかし、その点は心配いりません。一時的なストレスくらいなら問題は無いのですが、そのストレスが長期的に続いていくと、頭皮と髪の健康状態に影響が出てきて、たちまち抜け毛や薄毛を助長してしまうのです。

また、ストレスによって血行が悪くなることも抜け毛の要因となります。血流によって毛乳頭細胞へ成長に必要なものが運ばれ、細胞分裂が起こって、髪が成長していくのですが、ストレスによってこの道が絶たれてしまったり、スムーズに進まなくなり、抜け毛へと繋がっていくというわけです。

さらに、ストレスは男性ホルモンにも大きな影響を及ぼします。人がストレスを感じる時、男性ホルモンが分泌されるようになっており、その一部はやっかいな性質をもっています。それは、ジヒドロテストステロンという、強力な男性ホルモンに変化するというもので、その結果、抜け毛や薄毛などの脱毛症が起こる可能性をはらむのです。

このようにストレスは多くの悪影響を健康だけでなく、頭皮や髪にももたらします。ですから、普段から自分にあったストレス解消法を持ち、よく知っておき、解消していくことが重要です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.