抜け毛予防ハンドブック

抜け毛の原因

食事

抜け毛には体の中のいろいろな要因も関わってきます。そのため、食生活の乱れからは、肌と同じように多くの影響を受けてしまいます。抜け毛の場合には、食生活で大きく関わってくる問題は油類や肉類の過剰摂取が原因として挙げられます。

油類などの過剰摂取は頭皮に過剰な脂分を発生させることになり、これが頭皮のトラブルとしてよく挙がる、毛穴の詰まりやフケの分泌を引き起こしているのです。例を挙げると、焼き肉やラーメンに加え、ファーストフードやコンビニ弁当などの日々、私たちがあまり気にせず、口に入れているものも、食べ過ぎは頭皮にとって問題です。こういった食べ物は、期間を空けながらバランスに注意して食べる必要があります。

もちろん、抜け毛の原因となりやすい食品である、油ものや肉類、そして乳製品を全く摂らないというのも問題です。中でも、豚肉や牛肉には抜け毛を予防できるような栄養素も含まれているので、摂取が必要ですが、栄養のバランスを考えてというのがとにかく大事です。

普段の食事には、髪の毛に良いと言われる栄養素である、ミネラル、ビタミン、たんぱく質などを積極的に食事に取り入れると良いでしょう。例を挙げると、緑黄色野菜や海藻類などがこれにあたり、もともと健康にとっても、とても良い栄養素ばかりです。

また、こちらはあまり知られていないかもしれませんが、牡蠣や牛肉、豚肉などに多く含まれる亜鉛や、鶏レバーや牛レバー、まいわし、などに多く含まれるビオチミンなども効果的です。 このように、バランスの良い食事をとり、髪の毛にとって良い環境を整えておくこと、が健康的な髪を作るのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.