抜け毛予防ハンドブック

育毛剤

育毛剤の種類と効果

一口に育毛剤と言っても、その種類はさまざまで、シャンプーと本格的な薬剤である育毛剤などその状態のほか、特に何に効果を示すかという点に加え、最近では抜け毛や薄毛は男性だけのものではなく、女性の中にもそういった悩みを持つ人が出てきたため、かなり多様になっているのです。

では、いくつかそれぞれの成分の違い等を見ていきましょう。 まず、毛母細胞という、髪を作る大元であるものを阻害している男性ホルモンを抑制し、抜け毛を減らすとともに、髪の成長を促進させる効果を持つのが、男性ホルモン抑制剤です。この中には、最近よく耳にするプロペシアがこれに当たります。

そして、市販されている育毛剤の多くが該当するのが末梢血管拡張剤です。これは、髪を成長させるための大きな役割を担う、毛乳頭へスムーズに栄養が運ばれるようにするため、頭皮の毛細血管を拡げ、血流量を増やすものです。

よく名前を聞く商品としてはリアップなどがこれにあたります。また、これを使用するときにおすすめしたいのが禁煙です。喫煙によって、血管が縮小するため、せっかく育毛剤血管を拡げても意味がなくなってしまうというわけです。

ほかにも、市販の育毛剤が当てはまるものとしては、今話題のスカルプDが該当する抗脂漏剤は、皮脂を抑えることで、頭皮環境を良くします。また、黄金樹やラサーナなどの女性向け商品が該当するのが保湿剤です。ほかにも、栄養補給剤や、止痒・消炎剤、頭皮代謝活性剤、殺菌剤、角質溶解剤など、抜け毛・薄毛のそれぞれの原因を解消できるものがいろいろと開発されているのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.