抜け毛予防ハンドブック

抜け毛とは

薄毛が多い国

薄毛が多い地域は、欧州、北中米、アジアの順で低下する傾向にあり、日本が属するアジアは世界で考えると、薄毛が少ないということになります。

このように、西洋人が東洋人よりも薄毛が多いというのは、以前から見られる傾向で、40~50歳代に発生する壮年性脱毛症で比較すると、10人あたりで、東洋人では該当者が1~2人であるのに対して、一方の西洋人は3~4人が該当者といったように倍くらいの数字をたたきだしています。

これには、頭髪と体毛の関係を訴える人が多く、男性ホルモンが体毛を濃くし、頭髪を薄くする傾向と同じように、西洋人と東洋人を比較したとき、西洋人の方が体毛が濃い傾向にあり、それが影響して、前述のような結果になっていると考えられます。 しかし、アジア地域に絞って見ると、日本はアジアの中で1位となっています。これは、アジアの中では日本は比較的早い段階で、先進国入りしたことが要因として考えられるそうです。

これは、考えてみれば、ごく自然なことで、現代社会を考えてもらえばわかるように、仕事の忙しさや、社会の進んでいく速度、それらに伴う人間関係などストレスを感じる機会が多く、いろいろなものがあるということはもちろん、忙しさ、時間の無さなどによって食事も不規則かつ、バランスを崩しがちです。

このように、普段の生活1場面1場面が結果として薄毛を発生させているというわけです。ですから、まずは、普段の生活を振り返り、規則正しい生活を送れるよう注意し、できる限りストレスも解消していくことが、まず日本人がするべき薄毛・抜け毛対策というわけなのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.