抜け毛予防ハンドブック

抜け毛予防・対策

薄毛治療薬

薄毛とはそもそも何かと言うと、基準となる数値等はなく、本人が望んでいるだけの髪の量や質が得られているかどうかという、本人の期待値のみが基準となります。したがって、その期待値に達していれば薄毛ではなく、達していなければ薄毛ということになります。

しかし、一般的には髪が健康さを失っている状態、密度が下がり、こし、張り、太さなどがなくなってしまった状態がそれにあたることが多く、毛母細胞が皆無になってしまう前に手を打つ必要があるのです。

もともと、薄毛とは男性ホルモンの働きで、髪を成長させる働きを持つ細胞、手包がに悪影響が及ぶために起こることで、ここを活性化させることが治療となります。しかし、中年層や、壮年層の男性が対象となりがちな薄毛も、最近では若者や女性にも広がってきています。

これは、現代社会の中でのストレスや、栄養バランスの悪化などが原因ではないかと見られており、この部分を解消することも併せて必要な要素であり、この部分に関しては男女ともに共通する改善策です。

一方、医薬品等を使用した治療方法では、頭皮状態の違いから男女で行うべき治療方法が異なります。育毛剤の違いで言うと、男性用のものは、頭皮の油分を除去する効果があるのに対し、女性用のものは、血流の循環を改善するためにも、頭皮の水分と油分を補うようになっています。このように、頭皮の状態は男女で真逆と言えるほど違います。そのため、薬剤を含め、治療法もこれらの違いをしっかりと理解したうえで、行わなければ、期待するような効果を出すことはできないのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.