抜け毛予防ハンドブック

抜け毛予防・対策

発毛剤・育毛剤・養毛剤

抜け毛を予防したり、抜け毛が気になった時の対処法としては、発毛剤・育毛剤・養毛剤があります。よく耳にするこれらの名前ですが、では、それぞれどのように違うのでしょうか。

まず、発毛剤は、細胞を活性化させ、新しい髪の毛を発生させ、育てる効果があるため、新しい髪を生やし、育てたいという人におすすめです。また、育毛剤と養毛剤は、髪の毛を保護したり、抜け毛を防止する効果があるため、今生えている髪を基本として、成長させたいという人に向いています。

細かな働きの違いとしては、育毛剤は毛乳頭が正常に働くように、末梢血管を拡張させ血流を増やし、毛母細胞に必要なエネルギーと栄養を与えられる状態にして、毛根の代謝を促すとともに、健康な髪を育てます。このように、直接的な育毛効果があり、医薬部外品ですが、水分や油分などの髪に不足しがちな成分を補給する一方で、養毛剤はフケやかゆみを抑える働きも持ち、健康な頭皮状態を保つ化粧品に属します。

このように、抜け毛予防や対策のための治療薬はその種類ごとに、役割が違ってきます。また、市販で売られているものも、かなりたくさんの種類があります。ですから、自分の悩みの原因が何なのかをよく知ったうえで、その原因を解決できるものをしっかりと選別する必要があります。

ここを誤ってしまうと、期待する効果が望めず、毎日治療薬を使用しているにも関わらず、いつまでたっても自身の悩みを解決できないということになってしまうのです。そういったことが無いように、医師や薬局の窓口などで相談するなどといったこともおすすめです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 抜け毛予防ハンドブック All Rights Reserved.